FANDOM


Reach mpbeta boneyard 02.jpg
UNSC コモンウェルス
Production information
Class

パリ級重フリゲート

Technical specifications
Slipspace Drive

ショウ-フジカワ光速エンジン

Slipspace velocity

2.1光年

Hull

チタン合金

Armament
Complement

1個戦闘機もしくは降下艇中隊

Passengers
Usage
Role(s)

戦艦

Earliest sighting

2525年

Retired

2552年以前

Latest sighting

2552年サイノビエット社艦船廃棄施設 惑星リーチ

Present for battles/events

チ・セティ奇襲

Affiliation

UNSC海軍

Known commander(s)

ウォレス大佐

  [Source]

UNSC コモンウェルス国連宇宙司令部フリゲートであった。[1]2525年当時、艦長はウォレス大佐であった。

歴史編集

作戦上の歴史編集

2525年コモンウェルスSPARTAN-IIの支援のためダスマスカス テスト施設に接近してきたコヴナント軽巡洋艦相手に奮戦、スパルタン中隊が敵艦内部に侵入し爆破した。(チ・セティ攻防戦)

大ダメージを受けつつも惑星リーチへ退却し、修理を受けた後外周コロニーの防衛任務に戻った。

被害編集

チ・セティ攻防戦にて甚大な被害を受けた。その被害の一覧:

  • 通信、ナビゲーション用設備の崩壊
  • セクション3-7の4センチメーターの装甲融解
  • セクション3のハル崩壊
  • 艦載AIのメモリーコア オーバーロード
  • 燃料タンクに穴が開き、燃料漏洩
  • 20セクションにおいての大火災(後に鎮火)
  • ポートアーマーの崩壊
  • 第2~第7デッキ崩壊、被害は複数のセクションにわたる。
  • 第13デッキ崩壊
  • ハルが崩壊したために曲がり、MACシステムがオフライン
  • リアクターの出力10%
  • 積載していた全航空部隊

しかしこれだけの大被害を受けながらも惑星リーチに帰還することが出来たようだ。

惑星リーチでの退役編集

コモンウェルスは不明な時期に退役し、惑星リーチのボーンヤードにて廃棄作業が進められた。リーチ攻防戦が始まったとき、艦艇は廃棄作業の途中であったが、コヴナントとUNSCが交戦した区域の一つとなった。[2]

雑学編集

  • UNSC コモンウェルスHalo: Reach'マルチプレイヤーマップBoneyardに存在する。

ギャラリー編集

引用 編集

  1. The Fall of Reach, page 103
  2. Gametrailers: Gametrailers TV with Geoff Keighley, 06:39


広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki