FANDOM


コールプロトコルで知られるこの緊急命令は、全人類の艦船に対しコヴナント軍に地球の位置を知らせてはならないこと、船が拿捕される可能性が高い場合自爆すること、船が拿捕されそうな場合AIを破壊ないし除去することなどが明記されてあった。

コヴナント戦争勃発後から27年間の間人類は地球の存在を隠し続けたが、様々な要因によって2552年、ついにリーチなど人類の重要拠点惑星が発見され、さらに地球も発見されてしまうのであった。

コールプロトコル編集

第1項編集

国連宇宙司令部 非常事態優先命令事項 098831A-1
暗号化コード:
公開鍵: file/ First light/
送信元: UNSC/NAVCOM艦隊司令官ワード
送信先: 全UNSC要員
主題: 司令官 命令 098831A-1 ("コール議定書")
分類法: 制限 (BGX ダイレクティブ)
コール議定書
インナーコロニー地球を守るために全UNSC所属艦船とステーションはコヴナント軍をUNSCコア・エリアへ導く可能性のある無傷のナビゲーションデータベースを奪われてはならない。
もしコヴナント軍に拿捕される可能性がある、又は接近してきた場合、以下の事項を直ちに実行しなければならない:
1. 艦船上の全データベースにおいて惑星間データネットワークを消去する
2. 全データが消去されたことを確実に確認するため3回のスクリーンチェックとバックアップを開始する
3. ウイルスデータスキャナーを処分すること(ダウンロードは以下のURLで行うことUNSCTTP://EPWW:COLEPROTOCOL/Virtualscav/fbr.091)
4. 惑星もしくは敵軍から撤退する場合は必ずインナーコロニー地球以外の方向のランダムに生成された座標に向かってスリップスペース入りしなくてはならない
5. コヴナント軍に拿捕される可能性のある艦船は自爆もしくはAIの除去を行わなくてはならない
この命令に対する違反は反逆罪に該当する。UNSC軍事法JAG 845-PJAG 7556-Lにしたがって処刑、又は厳罰に処される。

※尚、ワーグナー中尉は第4項に違反し、地球へ帰還してコヴナントに関する報告を行っていた。

第2項編集

コール議定書第2条はキース艦長Halo: Combat Evolvedで直接発令した。彼らが乗るオータムはアルファヘイローに墜落する直前であった。"I'm initiating the Cole Protocol, Article 2. We're abandoning the Autumn. That means you, too, Cortana."後に"Destruction or capture of a shipboard AI is absolutely unacceptable."(尚日本語版では、"コール条約発動、総員避難しろ。君もだ、コルタナ。""船上A.I.の破壊や捕獲は絶対に容認できんのだ。")[1]

コール条約第2項に関しては船の放棄を可能とした。しかし、第2の問題として船はそのままであった。艦の乗員は船上AIを保護できる場合除去又は破壊することとあり、除去していることから遵守されている。が、第5項の拿捕される可能性がある艦船の~の項目に違反していた。 つまり、これを達成させるにはコヴナント軍が周囲に居なければという条件付であり、又はコヴナントがいたとしても船を自爆させる必要があった。

尚、Halo: First StrikeにおいてAIを回復させる試みがなされていたが、これはオータムのクルーが生き延びるためにはコルタナが必要であったという事実と彼らの使命を果たす為の事であった。

サブセクション7編集

捕獲されたコヴナントの艦艇は、コヴナントを人類領域へ導くことが出来る追跡システムの徹底的な検索が無ければ、人類の制御された領域へ踏み込めないかもしれない

アセンダント・ジャスティスジョン-117 と彼の部隊によって捕獲される前はそれが専門的事項に過ぎないということもあり、少数の人員しかサブセクション7に関する情報は知られていなかった。船のクルーは通常、そのような試みが完了する前に、自爆システムを作動させていた。アセンダント・ジャスティスが徹底的に捜索されなかった事もあり、ジョンとエリアス・ハーバーソン中尉 らは艦を惑星リーチ(直前にコヴナントによって焼き尽くされた最重要拠点の一つであった)に向かわせ、生き残った部隊を収容して帰還する予定であった。[2]

勿論、この規則はコヴナントの武器や機材も含まれていた。コヴナントが人類の起源を学ぶUNSC Iroquois))為にバグを送り込んだ事例があったが、これも法令違反であると考えられた。コヴナントの武器を如何なるUNSCの施設やインナーコロニーに持ち帰る事は反逆行為であるとされた。[3] エミール-A239は戦いで得たコヴナントの機器をコレクションとして収集していたが、UNSC陸軍 アーバン・ホランド 大佐はエミールを訴えることに関して否定的であった。UNSC陸軍が海軍の法令に従う必要は無いと言うのが彼の主張であった。

情報源編集

  1. Halo: The Flood, page 25
  2. Halo: First Strike, pages 93-94
  3. Halo: The Cole Protocol, page 99

関連リンク 編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki