FANDOM


For the Marine in-game allies, see UNSC Marine Corps/Gameplay
"彼らは人類の中で最高な部隊である。"
—Halo CE マニュアル

'United Nations Space Command Marine Corps'(国連宇宙司令部海兵隊)UNSC 防衛軍に属し、海軍艦船に乗り込み、迅速なる展開を可能とした、UNSCで非常に精強な軍の一つである。

多種多様な装備品を開発・支給されており、男女問わずに部隊に入隊している。技術的に圧倒的に立ち遅れていたUNSC海兵隊(UNSC国防軍)であったが、驚くべきことにコヴナントとの戦争中多くのコヴナント兵士を打ち破ってきている。その技術力の高さにおいてはUNSCで一番ではないかと言われている。

歴史編集

コヴナント戦争以前編集

国連海兵隊(UNSC海兵隊の前身となる組織)は国連の手によって惑星間戦争中に創設された。最初の本格的な作戦である火星強襲が大成功をおさめ、拡大を始める2163年までこの組織は残っていた。国際連合は勝利を収めた2164年にUNSCを創設し遠方の地で発生する大反乱の鎮圧など、人類同士の流血が続く戦場に投入されていた。

コヴナント戦争編集

Main Article: Human-Covenant war

コヴナント戦争中、海兵隊は防衛任務のみならず、幾つかのコヴナント領域における攻勢的作戦にも投入された。彼らはハーベスト、アルカディア、シグマ・オクタヌスIV、リーチ、地球等においてコヴナント陸軍部隊相手に激しい戦闘を行っている。

最初の遭遇編集

Contact Harvest
Main Article: First Battle of Harvest

コヴナントと始めて遭遇したのは襲撃された貨物船に乗り込んでいたエイブリー・J・ジョンソン軍曹とノーラン・バーンズの両名であった。彼らは反乱軍が船に侵入してくるものと思って待ち構えていたが、実際にはコヴナント軍のジャッカル達が船内に浸入したのであった。バーンズが始めてコヴナントの攻撃に被弾したが、生き延びた。

海兵隊のコヴナントとの遭遇の2回目は2525年の第一次ハーベスト攻防戦であった。ハーベストにはたった3名(1名の士官と2名の下士官)が居るだけで、彼らはコロニー民兵の訓練を担当していた。ポンダー 大尉はこの戦闘中に戦死し、第2の犠牲者となった。

アウターコロニーでの激戦編集

Halo Wars Marine BR
Main Article: Harvest Campaign

ハーベストキャンペーン25262531年の長きに渡って続いた。キャンペーン最終段階において海兵隊は作戦基地を設営し、ジョン・フォージ 軍曹率いる部隊がコヴナント部隊に対する偵察のために展開した。が、アービター率いる部隊による猛攻を受け、基地を一時的ではあれ放棄することとなった。海兵隊は一時的に後退するが素早く再編成し基地を奪還する。援軍を投入し、基地を復旧した後に彼らは領域内にあったフォアランナー 構造体を奪取するため、激戦を繰り広げた。

第1次アルカディア攻防においてSPARTAN-II レッドチームの援護を受け、民間人を避難させる為に惑星の主要都市を中心として防衛線を張り、幾つかの軍事基地を設営する。彼らは惑星からコヴナントを撃退するべく、幾つかの基地から出動していった。

UNSC海兵隊はアウターコロニーの多くでコヴナント侵略軍相手に奮戦するが、大抵の場合圧倒的に優勢なコヴナント軍によって敗北を繰り返した。そして、多くのコロニーが破壊されていった。

シグマ・オクタヌスIV攻防 編集

Fincher
Main Article: Battle of Sigma Octanus IV

海兵隊はシグマ・オクタヌスIVにて地上に降下するが、惑星の苛酷な環境が持ち込んだ多くの機材を使い物にならなくしてしまった。軌道上においてUNSC艦隊の防衛が行われる中で、コヴナント空母が惑星北極圏に降下し多数の軍を投入する。コヴナントの攻撃によってアルファ司令部は破壊され、主要都市コートダジュールは陥落する。幸い、攻撃直前に市民は殆ど脱出していたが、この街を奪還する為にキット 将軍指揮下に部隊が突入する。結果は大失敗で1600名の海兵隊が犠牲となってしまうが、スパルタンIIなどの援護を受け、多大なる犠牲の上で勝利する。

リーチ陥落編集

Fall of Reach 1
Main Article: Fall of Reach

UNSC海兵隊は惑星リーチにおいての防衛線にも投入される。コヴナントMACラウンドプラットフォームや防衛艦隊を迂回して惑星の北極と南極に降下し始める。リーチのFLEETCOM HQは、あっという間にバンシーレイスに支援された無数の歩兵大隊によって包囲され、壊滅する。状況は悪化し、軌道防衛ジェネレーターに対する突入が始まりつつあった。彼らは投入可能なあらゆる装甲車両や防衛地点に部隊を送り、防衛を行った。惑星リーチはUNSC海兵隊史上最悪の犠牲を払った戦場であった。


アルファヘイロー編集

Anniversary Marines
Main Article: Battle of Installation 04

海兵隊の一部はUNSC Pillar of Autumnに救出され、艦内での戦闘に投入される。やがて、艦はアルファヘイローに墜落するが、同じく不時着したコヴナント戦闘艦から捕虜を奪還する、オータム墜落現場の防衛など、アルファヘイローの戦闘において重要な役割を果たした。戦闘初期においてODST特殊部隊と海兵隊の一部が預言者を確保する攻勢的作戦に投入されている。

地球攻防戦編集

ODST Screenshot 7
Main Article: Battle of Earth
"親愛なる人類よ。エイリアンたる我が身こそ、悔恨のきわみ。地球への襲撃も・・・そして、我が軍への攻撃こそ、悔恨のきわみである!"
ジョンソン 軍曹

UNSC海兵隊は地球軌道防衛プラットフォームに分かれて展開していた。彼らは15隻からなる(2隻の強襲空母 と13隻のコヴナント巡洋艦)戦闘集団が軌道上に現れたとき、軌道防衛ステーションやニューモンバサクリーヴランドハヴァナといった重要な主要都市におけるコヴナントの侵略に対する防衛において、重要な役目を担った。

幾つかの海兵部隊は地上において激しい防衛線を繰り広げた。彼らは第405海兵師団の増援を受ける。ケニア モンバサでは、侵入した強襲空母からファントム軌道突入ポッド、艦の重力リフト経由でコヴナント軍が都市の各地に侵攻を行いつつあった。

地球戦後半にはボイに対する強襲作戦ジョン-117が中心となって開始した。この作戦に海兵隊も多数加わり、部隊を再編成している。彼らは対空砲や対空戦車を排除することで艦隊の突入を援護するよう命じられていた。


アークにおける戦い編集

H3 E3 Orbital Battle
Main Article: Battle of Installation 00

コヴナント戦争最後の戦いとなる、アークにおける作戦にも彼らは投入された。作戦コード名: BLIND FAITH。[1] 海兵隊はブルート軍が護るカートグラファーへの強襲作戦や、シタデルを護る3基のバリアタワー攻撃にも参加する。最初のタワーを制圧した後、UNSCのパイロット達はコヴナント空軍を撃退することに成功する。アービターとジョンが2機のスカラベを破壊し、真実の預言者を倒す頃には生存者は全員シャドウ・オブ・インテントに後退し、Installation 04Bが起動する前に地球へ撤退する。

戦後編集

レクイエム事件編集

Main Article: First Battle of Requiem

UNSC Infinity は残りのHaloリングを発見するという指令を受け、6,000を超える海兵隊を艦内に乗せていた。[2] 艦はレクイエム周辺で受信したフォワード・オントゥ・ドーンの信号を受けて向かうも、制御不能となりコヴナントが占領していた惑星内部のジャングルに不時着する。海兵隊とSPARTAN-IV ファイアチームは周辺の湿地帯に配備されていた。彼らはコヴナントを制圧した直後にプロメシアンと始めて遭遇、交戦状態になったときマスターチーフがインフィニティに現れ、彼らを支援する。この後、ジプシー中隊M510 によって地上に展開し、離脱を妨げている大砲と重力システムをダウンさせるための作戦を実施する。彼らは重装甲兵器を投入し、両方の作戦に成功する。そして、全海兵隊員がインフィニティへ退却し、インフィニティはカリーネ・ステーションへ向けて脱出する。[3]

第2次レクイエム攻防編集

H4hd 30
Main Article: Second Battle of Requiem

2558年2月にUNSC Infinityレクイエムへ戻る。現地にコヴナントが駐留しているためで、これを撃退しようとしていたのである。一連の作戦に海兵隊も投入され、SPARTAN-IV ファイアチームと共に最前線に立つ。彼らはフォアランナーアーティファクトの回収とコヴナント部隊の殲滅を実施する。脱出する日までに殆どの海兵隊が戦死するという重大な打撃を受けたが、フォアランナーアーティファクトの回収とヤヌスの鍵の片方を回収することに成功し、崩壊直前のレクイエムから脱出する。

ユニフォーム編集

正装編集

Main Article: UNSC Marine Corps Dress Uniform

UNSC海兵隊の正装は21世紀の合衆国海兵隊のものとよく似ている。しかし、彼ら海兵隊は合衆国海兵隊の正装の襟の変更や様式化されたバージョンを着用していたと見られる。彼らが着ていたのは、白い服と青いズボンであった。[4] 2525年当時は合衆国海兵隊同様の青いジャケットと青いズボンで構成されていた。[5]

戦闘服編集

標準編集

Main Article: UNSC Marine Corps Battle Dress Uniform
Halo 3 Marine

ケニアの密林地帯における海兵

海兵隊はバイオオーグメンテーションを持たない。通常はカモフラージュアーマーを着用する。又、彼らは銃火から身を護るために濃い色の金属合金のアーマーを着用する。ヘルメットレコーダーもあり、これはHalo: Combat EvolvedでJohn-117がウォーレンス A・ジェンキンスのヘルメットに残っていたデータを見ていたカットシーンで判る。その他ヘルメットとしては、ブーニーカバーがある。これはアルファヘイローの密林など特定環境下において使用される。ヘイローウォーズの極寒の地のような場所では、厚いヘルメットなど防寒装備を使用する。

海兵隊の下士官らは実用的なヘルメットよりソフトキャップを着用することもある。キャップにもUNSCDFの記章があり、それで判断できる。

アルファヘイローでの海兵隊は茶色の装甲を頭部、胴体、肩やすねをカバーできるように装備していた。危険な戦闘活動においては彼らは、ヘルメットや防弾チョッキ、その他ユーティリティ、ソフトボディアーマーを装備している。そのほか、ブーニーカバーやバンダナを装備していた兵士も居たが、彼らはUNSC Pillar of Autumnから脱出しなければならなかったため、装備する時間的余裕が無かったのではないかと思われる。

標準の海兵隊戦闘用装甲 は地球攻防戦とデルタヘイローにおける戦闘で見られた。オリーブドラブの耐荷重装甲ベストと、森林パターンの迷彩で構成されているように思われる。アルファヘイローの海兵隊員らは最早統一された部隊ではなく、リーチから脱出してきた兵士の集まりであったがためであった。しかし、統一された部隊としてはブーニーカバーや戦闘用アーマーをつけずに戦ってない兵士は居なかった。カイロ ステーションでは式典の最中にコヴナントの攻撃が始まったがために、着替える余裕も無く正装で戦っていた海兵隊員も数多く存在した。また、防具も付けていない(恐らく付ける時間がなかった)兵士も多数居たという。

地球攻防戦後半に使用された海兵隊のアーマーは(装甲ベストや肩プレート、肘パッド、膝パッド等を完備した)より重く、はっきりとしたものだった。オリーブドラブの完全なボディアーマーを付けており、密林地形でカモフラージュが出来る森林迷彩ユーティリティを使用していた。海兵隊の中には、ヘルメットに小さな通信マイクを備えているものや黒のサングラスを付けているものもいたし、グリップを向上させるために、黒い手袋を着用しているものも居た。又、何名かの海兵隊員はヘルメットのつばにスポーツのゴールドバイザーを取り付けていた。

低音環境で作戦を行う海兵隊員は雪の迷彩ユーティリティとフルボディアーマーで構成されている。彼ら海兵隊員は作戦環境に合わせたアーマーを着用しているのである。[6]

特殊部隊編集

Main Article: ODST Ballistic Battle Armor

ODST真空において15分間活動できるような装備を整えている。大気圏突入時には彼らはポッドや小型艇で地上に突入する。彼らが戦闘時に着用する黒いアーマーは海兵隊の標準BDUより強固であった。ヘルメットは完全に頭を覆い、完全なバイザーで保護される。何発かの攻撃にも耐えるだけの力もある。この防護服により、ODSTたちにより強固な防御力を提供している。

戦後編集

コヴナント戦争後に海兵隊はBDUの再設計を行う。数十のバリエーションに共通することは、黒色で真空の鎧、オリーブの迷彩、軽量装甲のセットであったという。全てのヘルメットは生物化学兵器用の人工呼吸器などで構成される。ヘルメットも戦時中のバリエーションより厚かった。一部の選ばれた海兵隊員のみが着用できる偵察バラスティック戦闘用アーマーがあり、Vasily BeloiMalcolm Geffenが着用していた。

装備編集

武装編集

歩兵用火器編集

UNSC海兵隊員の一般的な武器はM5系列のアサルトライフルでMA5B系列が多かった。2552年後期にはMA5CBR55 バトルライフルヘビーバレルのバリエーションが配備された。制圧射撃用にM247 GPMGM247H HMGAIE-486H HMGが配備される。特殊部隊や車両運転手にはM7M7S短機関銃のバリエーションが支給された。全ての兵士はサイドアームとしてM6シリーズが配備される。

スナイパーにはSRS 99 AMSRS 99C-S2 AMSRS 99D-S2 AM といった対物質、対人狙撃銃や、対物用のM99特殊アプリケーションスコープライフルがある。標準のUNSCスナイパーチームは2名で構成される。

対装甲用にはM19M41ロケットランチャーやW/AV M6 G/GNR スパルタンレーザー ダイレクトエネルギーウェポンが使用される。対空戦闘用にはM19-B SAMミサイルランチャーが使用される。この武器はバンシーを撃墜し、セラフに損傷を与えることが出来た。

地上車両編集

UNSC海兵隊の標準車両のひとつがM12 ワートホグ LRVである。この車両は装甲偵察や人員輸送に用いられる。様々なバリエーションがある。M12G1 ワートホグ LAAVは対装甲車用の車両でM68 ガウスキャノンを装備する。このほか、M12A1 ワートホグ LAAV102mm SC-HE ロケットターレットを装備する。又、海兵隊は戦車としてM808B スコーピオンMBTや対空車両としてウルバリン

航空機編集

1209088826 Marines 3

地球の森林で活動中の海兵隊

海兵隊での最も標準的な機体はD77-TCである。2552年高貴にはD77H-TCID79H-TC Pelicanが投入される。この機体は大気圏内における輸送任務に使用される。尚、武装としてはスコーピオン対戦車ミサイルアンヴィル II空対地ミサイルと7.62mm機銃か70mmオートキャノンを搭載する。

又、海兵隊は対地航空支援としてロングソード戦闘機/戦術爆撃機 を使用し、近接航空支援機としてホークを、長距離爆撃機としてショートソードを、ホーネットVTOLスカイホークVTOLは空中支援機として使用していた。海兵航空部隊は海兵隊の重要な機器を投下したり、航空支援を担当するための部隊で、通常の空軍作戦はUNSC海軍空軍 が受け持つ。[7]

その他の機材編集

階級構造編集

UNSCの階級は合衆国海兵隊に基づいている。

ギャラリー編集

Sources編集

  1. Halo Encyclopedia, page 57
  2. Halo 4 Limited Edition, Infinity Briefing Packet
  3. Halo 4, Reclaimer ending cutscene, "...as soon as we know we're airtight, I want a course laid in to Carinae Station..."
  4. Halo 2, Cairo Station
  5. Halo: Contact Harvest
  6. Halo Wars
  7. Letter - Re:Antilon Mine

リンク編集

内部編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki