Fandom

Halopedia

UNSC Navy

2,396このwikiの
ページ数
新しいページをつくる
コメント0 シェアする

出典: Halopedia英語版UNSC_Navy

H2A Cutscene UNSCHomeFleet.png
UNSC海軍
Active

2163年創設

Allegiance

国連宇宙司令部

Branch

国連宇宙司令部国防軍

Type

軍事防衛組織

Role
  • 人類(UNSC政府)の保護
  • 反乱軍の鎮圧
  • 対艦戦闘
  • 軌道爆撃
  • 海兵隊の展開・輸送と支援
  • 航空機の展開・指揮
Size
  • 1,000隻以上の戦闘艦艇・非戦闘用船舶
  • 数十万機の航空機
  • 数万の軌道施設
Garrisons
Battles
Notable commanders


UNSC海軍は、国連宇宙司令部防衛軍に属する軍事組織の一つで、海軍作戦本部が実質的な指揮を執る。

海軍の役目は、対艦戦闘、衛星軌道上からの爆撃、大気圏内及び宇宙空間で運用するロングソード迎撃機の展開、海兵隊の輸送・展開、その支援である。

背景編集

UNSC海軍は惑星間戦争勃発後に創設された。2163年のアルギレ平原作戦で、国連軍海兵隊の作戦成功の結果、UNSCが創設され、宇宙から海兵隊を展開し、指揮する組織、UNSC海軍が誕生した。国連海軍を拡大、発展させた巨大な組織である。 この、UN海軍の子孫たるUNSC海軍はUNSC海軍司令部の指揮・統制を受ける。

UNSC海軍は少数の主力艦と多数の小型艦で編成される艦隊を幾つも編成していた。が、その殆どはコヴナント戦争において失われ、UNSCの重要拠点であった惑星リーチ惑星地球の防衛戦で数多くの艦艇や資源を失った。

コヴナントによる地球侵攻が事実かどうかは不明であったが、幾つかの艦艇建造を太陽系 火星のレイエス・マクリーズ火星造船所が担当していた。

2525年の開戦以後、UNSC海軍は終戦まで絶望的な戦闘を行ってきた。その原因は、技術的にも数的にも圧倒的に劣勢であった事に尽きる。コヴナント海軍艦艇はシールドテクノロジーで護られ、圧倒的な破壊力を持つプラズマ兵器で攻撃してくるのである。同数の艦艇で挑んでもコヴナントは人類艦隊を完全に壊滅させる事さえ可能であった。 さらにコヴナントのスリップスペース航法技術は人類のそれよりもさらに優れており、人類より正確に、そして素早く目的地へと導いたのである。27年後の終戦までの間、人類は必死で技術を革新し、コヴナントの技術をエミュレートしようと試みたがそれらの試みを通じても、殆ど技術的格差は埋まらなかった。

しかし、2558年頃にはコヴナントの残党軍相手にようやく対等に近い立場になったと言えよう。彼らの技術やフォアランナーの技術を応用した新型艦が配備されるにしたがって徐々にパワーバランスが変化していたのである。これは惑星レクイエム軌道上のコヴナント残党軍との戦闘で明らかと成った。 この技術を惜しみなく投入した最大の艦艇がUNSC インフィニティである。この大型艦はCAS級強襲空母並みの大きさで、シールドや武装もほぼ同等とさえ言われている。戦時中に得たコヴナントの技術とフォアランナーの技術を応用した新造艦の建造や既存艦の改修により、以前よりコヴナント相手に優れた艦艇を保有する事に繋がった。

UNSC海軍要員、全乗組員は自衛用のM6C拳銃を使うための訓練を受けている。[1]

技術編集

Frigate.jpg

フリゲート艦

UNSC戦闘艦の主要兵装は、Magnetic Accelerator Cannons(MAC)だ。これは小型の戦闘艦の場合弾頭が600トン、スーパーMACプラットホームの場合は3000トンの砲弾を高速で発射するコイルガンである。これらの発射体は、金属の芯で、チタニウムA、劣化ウランやタングステンから成る。

スーパーMACプラットホームでは、弾体は23の線形加速器コイルによって光速の40%以上まで加速される。艦載型のMACは、これよりも遅い速度で加速される。フリゲート ゲティスバーグは、1秒につき30キロメートルの速度で重量600トンの砲弾を発射することができた。

UNSC艦艇オータムは惑星リーチが壊滅する前に1発の重砲弾を発射する従来の装備とは異なる、3発の軽砲弾を発射できるよう改造したMACガンを装備していた。この改造された主砲は、コヴナント艦をより高確率で無力化する能力をオータムに付与する事を目的としていた。その能力は戦争を終結に導く大きな力となる筈であったが、使われることはなかった。(Halo: The Fall of Reach)

この他、UNSC艦は艦対艦攻撃のために以下の兵器を装備していた。

アーチャー・ミサイル・ポッド:このミサイル兵器は、シールドで防御されていない目標に対しては非常に効果的であった。UNSC海軍の一般的な戦術は、MACガンで目標のシールドを無力化し、アーチャー・ミサイルを乱射して船体を破壊するというものであった。 2525年まで使用されていた融合ロケットを転換する目的で配備されたと見られている。

"シヴァ" 核弾頭ミサイル:核兵器の使用の制限がない宇宙空間でEMP爆発を生み出すことができる。コヴナント艦のシールドを無力化する為に使用されていた。

50mm MLA CIWS:敵が投入してくるであろう戦闘機、攻撃機、輸送機並びに降下艇等といった艦載機部隊に対する最終防衛ラインとして機能する。艦載AIによって制御される。コヴナント艦艇に接近した際にも攻撃に使用される。


また、各UNSC戦闘艦(余程小型の艦艇は除外であろうと思われる)は艦内の治安維持と艦の防衛、惑星強襲と殖民地防衛の為に海兵隊(精鋭のODST部隊も含む)を数の差はあるが、多数搭乗させている。その他にも、ワートホグやスコーピオン戦車などといった重装備も搭載した。UNSC戦闘艦の殆どの乗員は海兵隊員で占められており、更に艦のスペースの大半も彼らや、彼らの装備品を収容するために使用される。各艦艇は強襲揚陸艦、輸送艦としても使用できた。

他にも、UNSC戦闘艦はC-709ロングソード迎撃機部隊を艦載していた。この戦闘機は、口径110mmのガトリング砲とASGM-10ミサイルで武装しており、大型のペイロードを持つこの機体には、爆弾か一発のシヴァ核弾頭を搭載出来た。有人飛行のみならず、自動操縦機能を使用した無人飛行も可能であった。この機能を使えば、人的資源の喪失を抑えた自爆攻撃を行なう事ができ、目標を完全に破壊することができた。

しかし、これらの火力を持ってしてもコヴナント艦隊相手に大苦戦を強いられてきた。数的優位でさえも簡単に覆されるほどであった。コヴナント艦のシールドを突破するにはMACラウンドが複数命中しなければならなかった。例外としてODPに設置されたスーパーMACがある。このMACであれば一撃でコヴナント主力艦のシールドを破壊できた。[2] しかもアーチャーミサイルも敵艦艇を撃沈する為だけで無数のミサイルを撃ち込む必要があった。コヴナント艦はシールドがダウンしても、通常のMACラウンドが複数直撃しても何の問題も無いかのように動作し続けていた事が指摘されている。火力と防御の点で圧倒的優位であったコヴナントは人類相手に3:1という比率で戦い続けたのである。

洋上海軍 編集

UNSCAircraftCarrier.png

モンバサ・キーズ沖合いに停泊する洋上海軍の空母

26世紀に入ってもまだ、UNSC海軍は洋上艦隊を保有し続けた。これら洋上艦艇の内、運用を確認されているのは惑星地球(モンバサ・キーズ)と要塞惑星リーチのみとなっている。海軍は少なくとも1隻のUNSC洋上空母を保有し、F-99UCAVを最高レベルの警戒態勢で発進できるよう維持していた。

モンバサ攻防戦のほか、SPARTAN-II ブルーチームによるメキシコ ユカタン半島のコヴナント軍攻撃の際にも投入されたと思われる。

UNSC海軍要員編集

See Characters for a list of UNSC naval personnel.

海軍階級編集

UNSC海軍士官の階級
少尉 中尉 大尉 少佐 中佐 大佐 准将 少将 中将 提督 海軍提督
UNSC海軍下士官兵の階級はこちら。
UNSC海軍下士官兵階級
二等航兵 一等航兵 上等航兵 三等兵曹 二等兵曹 一等兵曹 兵曹長 上級兵曹長 最上級兵曹長/先任上級兵曹長 海軍最先任上級兵曹長
UNSC海軍士官階級はこちら。


UNSC Navy Officer Ranks /UNSC海軍士官の階級

 Ensign/少尉
 Lieutenant, Junior Grade/中尉
 Lieutenant/大尉
 Lieutenant Commander/少佐
 Commander/中佐
 Captain/大佐
 Rear Admiral (Lower Half)/准将
 Rear Admiral (Upper Half)/少将
 Vice Admiral/中将
 Admiral/大将
 Fleet Admiral/海軍元帥

UNSC Navy Enlisted Ranks /UNSC海軍下士官及び航兵

 Crewman Recruit/二等航兵
 Crewman Apprentice/一等航兵
 Crewman/上等航兵
 Petty Officer Third Class/三等兵曹
 Petty Officer Second Class/二等兵曹
 Petty Officer First Class/一等兵曹
 Chief Petty Officer/兵曹長
 Senior Chief Petty Officer/上級兵曹長
 Master Chief Petty Officer/最上級兵曹長

--*Wikipedia:ja:アメリカ海軍の階級を参照して、水兵は航兵としました。

UNSCの艦船 および 宇宙ステーション編集

--*Wikipedia:ja:軍艦の軍艦の種類を参照しました。

プラウラー / 電子戦艦(Prowlers)編集

艦種 艦名 状態
エクリプス級軽プラウラー UNSC エクリプス 状況不明
サハラ級重プラウラー UNSC アラジン 現存
UNSC サハラ 状況不明
ウィンター級軽プラウラー UNSC ウィンター 状況不明
艦種不明 UNSC アポカリプソ 大破
UNSC アップルビー 状況不明, 推定 現存
UNSC アテネ 状況不明, 推定 現存
UNSC シカンファレンス 大破
UNSC ダスク 状況不明, 推定 現存
UNSC エッジ・オブ・アンブラ 状況不明, 推定 現存
UNSC ラーク 状況不明, 推定 現存
UNSC ラスト グリーミング 状況不明, 推定 現存
UNSC レイザー エッジ 状況不明, 推定 現存
UNSC レッドホース 状況不明, 推定 現存
UNSC ルビコン 行方不明
UNSC トウキョウ ルール 状況不明, 推定 現存
UNSC ウィンク・オブ・アン・アイ 状況不明, 推定 現存

コルベット(Corvettes)編集

艦種 艦名 状態
快速コルベット UNSC ツー フォー フリンチング 状況不明, 推定 現存
ステルスコルベット UNSC ポート スタンリー 現存
艦種不明 UNSC バム ラッシュ 状況不明, 推定 現存
UNSC カリスト 状況不明, 推定 廃棄
UNSC シャロン 状況不明, 推定 現存
UNSC コーラル シー 状況不明, 推定 現存
UNSC ポニー エクスプレス 状況不明, 推定 現存
UNSC グラモーガン 現存

主力艦編集

艦種 艦名 状態
インフィニティ級 UNSC インフィニティ 現存
ヴィニディケーション級 UNSC ヴィニディケーション 状況不明

その他の艦編集

ステーション編集

軌道防衛グリット編集

ステーション名 状態
カイロ ステーション 重度の損傷
アテネ ステーション 大破
マルタ ステーション 大破
ナッソーステーション 現存
オアハカ ステーション 現存

その他の軌道施設編集

ステーション名 目的 状態
リーチステーション・ガンマ 軌道上乾ドック 大破

機動ステーション編集

ステーション名 目的 状態
UNSC Cradle 修理施設 大破
デルファイ ステーション 造船所 退役
UNSC Hopeful 病院船 状況不明, 推定 現存
アンカー9 不明 大破

遠隔スキャン前哨地編集

ステーション名 状態
フェミリオン 大破
デモクリツス 状況不明
アルキメンデス 現存
トリポリ 状況不明

医療ステーション編集

ステーション名 状態
ONI医療施設 状況不明, 推定 大破
M25L回復ステーション 状況不明

ギャラリー編集


UNSC宇宙艦船の分類一覧
民間宇宙船 UNSC 貨物船(バクトリア級貨物船 - ラデン級貨物船 - パラボラ級貨物船) - 貨物機 - ヨット - ベヒーモス級タグ - SKT-13シャトル - スプリングヒル級採掘船 - バンブルビー級脱出艇 
宇宙戦闘機 C709 ロングソード級迎撃機 - YSS-1000 セイバー-級戦闘機 - ブロードソード級戦闘機 - ブースターフレーム
降下艇 D77-TC ペリカン降下艇 - D77H-TCIペリカン降下艇 - アルバトロス - ポッド - 脱出ポッド
支援用艦艇 カリプソー級航空機 - ブラック・キャット級補助電子戦闘艦 - チロプテラ級ステルス艦 - UNSC電子戦闘艦(レザー級-ウィンター級-エクリプス級-サハラ級) - シールドジェネレーター艦
軽艦艇 アオザメ級コルベット - ステルス巡洋艦 - UNSC軽巡洋艦 - UNSCフリゲート( パリ級 - カロン級 - スタルワート級 - ストライデント級 ) - UNSC駆逐艦(ゴルゴン級重駆逐艦 - ハルバード級 - ヒルズボロ級 - ディリジェンス級)
巡洋艦 ハルシオン級軽巡洋艦 - マラソン級重巡洋艦 - オータム級重巡洋艦 - ヴァリアント級超重巡洋艦
空母 フェニックス級コロニー船 - UNSC 空母(エポック級重空母 - オリオン級空母 - ポセイドン級軽空母) - ポエニ級超大型空母 - 不明なコロニー船
主力艦 ヴィニディケーション級‎ - インフィニティ級
無人兵器 サービスドローン - クラリオン ドローン - ブラックウィンドウ - 遠距離測定プローブ - RQ-XIIドローン
See Also: List of Starships
[ソース] - [編集]


国連宇宙司令部防衛軍
正規軍 UNSC陸軍 · UNSC空軍 · UNSC海兵隊 · UNSC海軍
準軍事組織 UNSC特殊部隊 · Office of Naval Intelligence · コロニー守備隊


UNSC艦隊 編集

地球防衛海軍内部艦隊


引用エラー: <ref> タグがありますが、<references/> タグが見つかりません

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

Fandomでも見てみる

おまかせWiki