FANDOM


アンゴイの反乱
Beginning:

39th Age of Conflict

End:

23rd Age of Doubt

Place:

コヴナント勢力圏、および惑星バラホ

Outcome:

アンゴイがコヴナントへ復帰。兵力としての再評価。

Belligerents

アンゴイ

コヴナント

Commanders

アンゴイの反乱軍リーダー

名称不明のアービター

Strength

アンゴイ

コヴナント軍

Casualties

非常に多数のアンゴイ

その他のコヴナント(個体数不明)アービター

  

アンゴイの反乱またはグラントの反乱とは、コヴナントの歴史上で起こった出来事である。この出来事は当時急速に個体数を増していたアンゴイ(グラント)が、コヴナント内で生息地を共有していたキグヤー(ジャッカル)に圧力をかけた事がきっかけである。圧倒的多数のアンゴイが孵化する前のキグヤーの卵を大量に壊した事が原因で、キグヤーはアンゴイの住む土地から立ち退かなければならなくなった。

そこで一部のキグヤーは報復を企てた。アンゴイが常に携帯しているメタンガスの供給源に一種の麻薬や毒素を混入させる事で、アンゴイを麻薬中毒者に仕立て上げようとしたのである。この毒素はアンゴイの男性固体から繁殖能力を奪うという物で、この出来事は二つの種の対立をますます深刻な物にした。 この際、最高評議会Minister of Fortitudeからのこの事件に関する細密な調査の要求を却下した事により、事態は急速に紛争へと向かい始める。これにはサンシュームの「戦いの為にアービターを任命する」ことで宗教的な団結を強めたいという思惑もあったようだ。

アンゴイの故郷であるバラホに対しコヴナント艦隊軌道爆撃を行った事により、この戦いは終結する。この戦いにより、アンゴイは「やる気さえあれば」コヴナントの中でも優秀な戦士であると考えられるようになった。これによりサンヘイリ(エリート)はこの戦いに参加したアンゴイ達を許し、それまではサンヘイリのみに許されていたコヴナント軍での役職(特殊部隊兵士等)への参加や、優れた装備の使用や高度な訓練を受ける事を認めるようになった。

しかしながらこの戦争を経ても尚、アンゴイはコヴナントでも最下級の兵士であるという扱いが変わる事は無かった。[1]

両勢力の戦力編集

アンゴイ編集

  • 指揮官:アンゴイ反乱軍のリーダー(名称不明)
  • 総兵力不明。しかし恐らくは数十万規模のアンゴイ

コヴナント編集

  • 指揮官:恐らくアービター
  • コヴナント艦隊: かなりの数のコヴナント艦

タイムライン編集

この戦いは39th Age of Conflictに始まり23rd Age of Doubtに終結、アンゴイはコヴナントに復帰する。

関連項目編集

参照編集

  1. Halo: Contact Harvest




コヴナントの戦争の歴史

San 'Shyuum Civil War (Age of Conflict) | Sangheili-San 'Shyuum War (Age of Conflict) | Struggle for Ideological Purity | Second Illumination | Taming of the Hunters (Age of Doubt) | Unggoy Rebellion (Age of Conflict) | Sixteenth Unggoy Disobedience | Human-Covenant War (Age of Doubt to Age of Reclamation) | Great Schism (Age of Reclamation)

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki