FANDOM


第四のプレイヤー・キャラクター。エリート族。紫色のアサルトアーマーを着用している。 最高軍事大学をかなりの好成績で卒業し、プロフェット族の名誉衛兵に選ばれるが、実戦経験の不足を理由に辞退。 その後にも徴用されるのだが、彼は儀式的部隊が苦手であり、拒否した。 そのような態度は背教行為であるという上官の警告にも関わらず。 それにより罪に問われるが、結局エリート族はコヴナントから離脱。 以後その罪は黙殺された。

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki