FANDOM


ヤヤップ9th Age of Reclamationに生きた非常に賢いアンゴイInstallation 04の戦いにおいて、特異な活躍を見せた。

伝記編集

ヤヤップはメタンに覆われた惑星Balahoで産まれ、しばしば故郷に帰る夢をみていた。ハイチャリティの下層で歩哨としてエリートに仕えた後、パティキュラー・ジャスティス艦隊に所属する。[1] 9th Age of Reclamation中、グラント・メジャーとして居眠りしがちな部隊に配属され、友人Gagawを含む他のグラントを指揮していた。

ピラーオブオータム編集

UNSCピラー オブ オータムに侵入した際、特殊部隊エリートZuka 'Zamameeはチーフとの戦闘で気絶する。ヤヤップのチームは倒れた彼を見つけると、オータム上での戦闘から逃れる口実を得るため、彼を輸送艇まで運ぶことにする。

Installation 04編集

Zuka 'Zamameeは意識を取り戻すと、戦死した部下の代わりにヤヤップを新たなアシスタントに就けることにする。エリートは自分や配下の者の生命を顧みないため、ヤヤップには迷惑な話だったが、断れるはずもなく特殊部隊グラントに昇進する。

Zuka 'Zamameeは後にHalo上の評議会に赴き、チーフ殺害任務の許可を求める。当初彼の要請は却下されるが、チーフがコブナント艦に侵入しキース艦長を救出すると、彼の訴えは再考の上認められた。.

'Zamameeはカートグラファーのセキュリティセンターでチーフを殺そうとする。ヤヤップ指揮下のグラント部隊とハンターのペアでチーフを追い詰めるが、グラントのLinglinがハンターを誤射してしまい、形勢の逆転を許す。ヤヤップは'Zamameeによって貨物ポッドに引きずり込まれ、なんとか生き延びた。

ヤヤップは'Zamamee'の次の計画で餌として使われた。人間のパトロールが見つけて捕虜にするよう、彼はボコボコにされた上で、破壊されたゴーストの横に寝かされた。彼は 狙い通りMelissa McKay中尉に捕まったが、ひそかに信号送信機を持たされていた。Alpha Base内ででチーフを確認すると送信機を起動し、'ZamameeとField Master Noga 'Putumeeによる攻撃が始まる。しかし攻撃は難航し、任務に失敗すれば処刑される'Zamameeはなんとかしてチーフを探し出そうとする。

'Zamameeは投獄されていたヤヤップを解放し、チーフの元へ案内するよう命じた。ヤヤップは'Zamameeが約束通り救出に来たことに驚いたが、同時に利用されることにうんざりした。彼はチーフが拿捕されたバンシーの警備にあたっていると嘘をつく。道中、彼らは海兵隊の攻撃にあい、'Zamameeのプラズマライフルがオーバーヒートし彼は殺されかけるが、ヤヤップのプラズマグレネードが海兵隊員に付着・爆発したため難を逃れた。彼らはバンシーへ到達するがそこにチーフはいない。実はコントロールルームから帰還したチーフは、3時間の睡眠と軽い食事をとった後、キース艦長の捜索へ出発していた。激怒した'Zamameeが何故嘘をついたのか尋ねると、ヤヤップ自分はバンシーを操縦できないが'Zamameeはできるからだと答え、プラズマピストルを'Zamameeの頭に突きつけ、バンシーで脱出するよう要求した。

その後彼らはヤヤップのメタンガスを補給するため、不時着したオータムへ向かう[2] ヤヤップの提案に従い'Zamameeは戦死したエリート士官の名を騙り、オータムの指揮官に報告した。彼らは貨物を検査するジャッカル達の監督を任される。'Zamameeが自分の正体がばれることを恐れて表に出たがらなかったため、ヤヤップが指揮をとった。当初、ジャッカル達は「ガス吸い野郎」の指示に従うことに不満であったが、彼らのリーダーBokを殺したフラッドをヤヤップが迅速な判断で無力化すると、態度を変え名誉ジャッカルとして扱うようになった[3]

編集

チーフのオータム到着を知ると'Zamameeはヤヤップにコミュニケーションセンターで通信をモニターし、チーフの動向を探るよう命令する。チーフの進路を特定し'Zamameeに報告した際、どういうわけか彼は'Zamameeに対して奇妙な愛着を感じた。その後オータムにいる者全員が死ぬと直感したヤヤップは、1日分の食糧とメタンガスをゴーストに積み、オータムから離れていった。すぐに彼は探していた平穏を見つけ、何十日ぶりかの幸せを味わった。[4]

最後に彼は小丘からオータムの爆発を目撃した。

雑学編集

  • Yayap is the only notable Special Operations Grunt so far, not counting the Thirsty Grunt, he is also the only identified Special Operations Grunt.
  • Sometimes, while playing Halo 3, Grunts may say "He killed Yayap!" or "For Yayap!". This often happens in one of the towers on the level "The Covenant". This is more easily heard with the IWHBYD skull active. Similarly, sometimes Grunts will say "You killed Yayap" in Halo 3: ODST when the IWHBYD skull is activated.[citation needed] But it would be unknown if it was the same Yayap or another.
  • Yayap had a cousin, Bapap, who was one of the first Grunts to encounter the humans on Harvest. bapap was mercilessly slaughtered by Tartarus, refusing a plea to save his life.
  • He was the first known Grunt to "hijack" a vehicle.
  • Yayap is generally considered by the Halo community as the most popular Unggoy of the franchise.
  • Yayap is the only Grunt known to threaten an Elite.

登場作品編集

情報源編集

  1. Halo: Contact Harvest, page 305-6
  2. Halo: The Flood, pages 272-273
  3. Halo: The Flood, pages 296-299
  4. Halo: The Flood, page 333

関連項目編集

広告ブロッカーが検出されました。


広告収入で運営されている無料サイトWikiaでは、このたび広告ブロッカーをご利用の方向けの変更が加わりました。

広告ブロッカーが改変されている場合、Wikiaにアクセスしていただくことができなくなっています。カスタム広告ブロッカーを解除してご利用ください。

FANDOMでも見てみる

おまかせWiki